本とインターネットの使い分け

みなさん本は読みますか?中には必要な情報はネットで調べるという方もいるでしょう。
私は図書館によく行き端から端まで一通り見て自分が興味のあること以外の本も積極的に借りたりします。当然ネットで必要な情報を入手することもあります。今回はこの使い分けについてです。

それぞれの利点

信頼性

本とインターネットの違いに信頼性があります。本を出版するにあたっては第三者の目が入ります。その為インターネットの情報に比べて信頼性が高いと言えるでしょう。また著者の情報や参考文献などの記載も信頼性を高くする理由として挙げられますが、これに関しても本の方が記載が多く信頼性が高いと言えます。

体系だったまとまり

本は断片的な情報のみで出版されることなく、一定範囲の情報が体系だってまとまった状態で出版されます。よって自分が気になっている情報のみでなくその周辺の関連情報にも目が向けられ易くなるでしょう。また本屋、図書館などを利用すると更に体系だった見え方ができると思います。

情報量

情報量に関しては圧倒的にインターネットの方が多いと言えるでしょう。信頼性・体系だったまとまりはなくとも情報は無限にあります。また情報量に関しては検索性も関係します。いくら本で情報があってもそこまでアクセスできるかということで考えると、やはり手に入れられる情報量には大きな差が生まれます。

情報鮮度

情報鮮度 いうまでもなく本は出版されるまでに時間がかかります。インターネットであれば一瞬で情報が世界に広げられます。受け取る側からすれば世界の反対側の情報がリアルタイムで入手できます。

まとめ

今回は本とインターネットの使い分けを考えて見ました。どちらが良いというわけではなく両方の利点を理解した上で使い分けられるのが良いのだと思います。特にインターネットに関してはステルスマーケティング的な要素もあり意識しないと偏った情報になりがちです。そういった意味でもインターネット以外の情報もバランスよく入手できると良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました